退職退職の基礎退職の流れ再就職&転職定年退職
退職願

退職願

退職したいという意思を会社に申し出る書類が退職願で、それに対し会社側が承認を行なうことで労働契約の解約が成立します。但し、通念上、辞意を伝えるのはまずは直属の上司に口頭で行ないましょう。退職日などの記載もありますので、退出前に相談をする必要もあります。尚、実際は稀ですが退職願いは会社に承認される前であれば撤回が可能です。一方、提出後に撤回できず、会社側も拒否できないのが退職届です。

退職願の書き方

退職願の書き方については、まず上司や人事担当の方に確認したほうがよいかもしれません。就業規則や、その会社の慣習的な方法が決まっているケースがあるからです。特に決められた様式が無いのであれば手書き、もしくはワープロで作成します。筆記具は黒もしくは濃青色の万年筆かサインペンで、できればボールペンは避けましょう。用紙はB5の便箋が一般的です。もしくはA4サイズでもよいでしょう。見本として一般的ものを以下に紹介します。

サンプル例文

退職願サンプル

見本ダウンロード

退職願において、直筆を必須とするかワープロ作成とするかについては、法律上どちらでも構いませんがその会社の慣習にならうのがよいでしょう。ワープロ作成に抵抗のある上司の方もいるかもしれませんし、就業規則により様式が決まっているかもしれません。一般的に畏まっているものと見られるのが縦書きで、横書きは少しラフなものと見られるでしょう。例えば、すでに口頭で打ち合わせ済みで、手続き上の提出であれば横書きでもよいかと思います。また、氏名の記載は直筆で、その他はワープロ作成という方法もよいかと思います。名前の下には必ず印鑑を押すのを忘れてはいけません。

退職願テンプレート(縦書きフォーマットA4)ダウンロード退職願テンプレート(縦書きフォーマットB5)ダウンロード

退職願テンプレート(横書きフォーマットA4)ダウンロード退職願テンプレート(横書きフォーマットB5)ダウンロード

退職の理由

退職願に記載する退社理由は、詳細な内容を書く必要はありません。「一身上の都合により」の記載のみとしておき、詳しい理由については口頭で上司、または人事担当者に伝えましょう。転職・結婚などの具体的内容や、会社に対する不満などもあるかも知れませんが、証明として残る文章ですので、自己都合の場合は「一身上の都合」としましょう。

退職願の封筒

退職願い

退職願いは封筒にいれて持参するのが一般的です。郵送などは失礼にもあたり円満退職の妨げになりますので避けましょう。また、封筒に入れることは封を開けた際に内容が確認されたことの証明に繋がりますので、必ず封筒にいれ、のりなどによって封をしましょう。白無地の封筒が一般的で、封筒の表には「退職願」と記載します。裏面には自分の氏名を記載します。退職願の宛名は社長となりますが、直属の上司に渡すことになります。

退職願と会社都合退職

退職願は、自発的に退職をしたいという旨を申し出るものですので、提出した場合は自己都合退職とみなされることがほとんどです。つまり、会社都合の退職では不要となります。勧奨退職などでは「退職届」を手続き上求められるケースもあり、会社都合でも提出する場合もありますが、会社都合のつもりで退職願を出しても、自己都合退社の証明になってしまいますので注意が必要でしょう。もし退職勧奨などで退職願の提出を求められた際には、退職理由の記載について齟齬がないよう打ち合わせるか、ハローワークなどの関係機関に相談しましょう。