退職退職の基礎退職の流れ再就職&転職定年退職
退職の挨拶

退職の挨拶

円満退職において、退職の挨拶はシメとなる重要不可欠な要素です。もちろん、面と向かっての挨拶や、離れているならば電話での挨拶を行なうのが誠意ある挨拶方法です。しかし、それができなかった相手の方々、また、口頭での挨拶を行なった上での文面での挨拶として、挨拶状は大切なものです。

退職の挨拶状について

退職の挨拶

退職の挨拶状は、一般的に退職後に、お世話になった部署や同僚、先輩の方、あるいは取引先、得意先などに送ります。これまで段取りよく円満退職の計画をおこなってきたのであれば、最後の締めくくりとなるものでしょう。この退職の挨拶を抜きにして、円満退職はできません。忘れずに、そしてしっかりと行いましょう。

とはいえ、手続きというものでもなく、余程にひどいものでなければ、相手方も気を悪くすることは無いでしょう。反対に、この挨拶でその人に少なからず好印象を持つ方のほうが多いかと思います。内容は主にお世話になった旨の感謝となります。また、退職後の心配をかけないようにという内容も含んでもよいでしょう。文面は全体としてポジティブなものとして、これまでの不平不満などのネガティブな内容はタブーです。相手へのお礼ですので、自慢話のような文面もノーグッドです。

メール?手紙?

メールと手紙

退職の挨拶をメールですべきか手紙やハガキですべきかはケースバイケースでしょう。確かにメールは葉書に比べて略式なものとなりますが、最近ではメールで済ませてしまう方も多いです。これには、退職する方と挨拶をする相手方との関係性をみて選ぶのがよいかと思います。分かりやすく線を引くならば、普段メールでのやりとりのみということであれば葉書ではかえって重々しくメールの方が良いのではないでしょうか。反対に、普段から深いお付き合いのある方、お中元やお歳暮なども贈っているような方であれば、メールですと少し軽くすぎるのかも知れません。相手方の感じ方を考えて選びましょう。

尚、メールで送る際、件名にも気を配る必要があります。単に「ご挨拶」や「お世話になりました」などでは、迷惑メールと間違われ、見られない可能性もあります。ベターなのは「退職のご挨拶(氏名)」のように、誰からの、どのような内容なのかを示すことが重要です。

例文紹介

文頭、文末の「拝啓」や「敬具」というものは頭語と結語と呼ばれるもので、それぞれ対応した言葉になっていますので、例えば頭語を「拝啓」で始めた場合、結語に用いるのは「敬具」と決まったものと考えてよいでしょう。拝啓の結語は敬具だけではありませんが、例えば「草々」などは用いません。拝啓よりも尊敬の意を込めてかしこまったものに「謹啓」と「謹白」という対応した頭語、結語があります。

以下に一般的な文例を紹介します。自分なりのお世話になった具体的なエピソードや、思い出話、また、退職後の連絡先なども付け加えてアレンジすると、より一層心のこもった退職の挨拶状となるでしょう。尚、時候の挨拶である「仲春」の部分は、季節にあったものを選択ください。

文例(転職)

□□□□会社
□□部の皆様へ

拝啓、仲春の候、時下益々ご清栄のことと慶び申し上げます。
さて、私事
このたび一身上の都合により、去る平成□□年□月□日をもちまして、
□□□□会社を退社いたしました。
在職中、皆様には一方ならぬお世話を賜り、また、ご指導、ご厚情いただきまして誠にありがとうございました。
今後は新しい職場にて心機一転、頑張っていきたい所存です。
末筆ながら皆様に心より御礼申し上げまして、書中をもって、退職の挨拶とさせていただきます。
敬具

平成△△年△月△日
△△ △△

文例(定年退職)

□□□□会社
□□部の皆様へ

拝啓、陽春の候、時下益々ご清栄のことと慶び申し上げます。
さて、私事
このたび、去る平成□□年□月□日をもちまして満□□歳となり、
□□□□会社を定年退社する次第となりました。
思い返せば入社以来□□年にわたり、無事に今日を迎えられたことは、
平素よりの皆々様のご厚情あってのことと思い、心より厚く御礼申し上げます。
退職後は趣味の□□に興じ、第二の人生を歩んでいこうと思っております。
末筆ながら皆々様のご健勝を心からお祈りいたしまして、書中をもって退職の挨拶とさせていただきます。
敬具

平成△△年△月△日
△△ △△