退職退職の基礎退職の流れ再就職&転職定年退職
転職

30代の転職について

今、30代を迎えて転職を考える方が、男性、女性を問わず多くなっています。人生において、特に、社会人として30代という年齢はどういった意味を持つのでしょうか。就職をして社会人となって、10年から20年前後という立ち位置において、人生の転機と考える方が多い中、円満退職、そして転職について知っておくことが必要でしょう。

30代の転職・就職は有利か不利か

30代の転職

30代の方の転職理由の多くは、仕事内容の転換や自分自身のさらなる成長、あるいは今よりも高い給料や待遇を求めるなどといった、積極的な理由が多く見られます。その一方で、多くの方が30代は転職するには遅いと考えていることも事実のようです。しかしながら、必ずしもそうとは言い切れません。意外にも実際に転職活動を行なった人からは、半年もかからない短期間で1社から数社の内定をもらえたという話のほうが多いのです。重要なことは個人の気力と、明確な目的を持って臨むことです。

未経験者への転職

未経験者

30代の転職で、今までの業種とは違う、未経験の分野へと挑戦する方も少なくありません。実は今の業務は本当にやりたかったこととは別で、蓄えの出来たこと、また、今後の人生を考えた時に、一度きりの人生と考えチャレンジしたいという理由からです。30代での未経験職への転職は確かに困難です。企業が30代へ求めるのは業務の経験と知識であり、マッチングにおいて不利となることもあります。しかし無理なことではありません。長い社会人経験は必ず強みとなりますし、熱意とやる気をもってすれば困難にも打ち勝てるでしょう。

資格取得とスキルアップ

資格を取得することは、転職において大きな強みとなります。自身のキャリアプランにあった資格を取得すれば、就職活動の際に有利となるほか、自分の市場価値への自信にも繋がります。また、特に出産とともに退職をした30代の女性にとって、育児もひと段落して再度、就職をしようかと考えている人には有利な条件となるでしょう。

転職サイトを活用

30代の就職活動において、新卒との大きな違いはやはり働きながらの活動となるため、十分な時間が割けないという点が大きいです。これにより諦めてしまう方も多いでしょう。このようなとき、民間の転職サイトに登録することは実に有効なアプローチです。各種処理の時間が短縮でき、平日の日勤時間外でも求人が確認でき、また、そのようなサイトだけが独自にもっている非公開求人というものもあります。さらに、自分の市場価値を適確に知ることもできるでしょう。

30代で転職を考える理由

転職理由

30代は社会人として節目の年であり、転職を考える人にとっては大きな転機となるでしょう。例えば、10代、20代の頃は成長も早く、体力や将来への気力にも満ちていますが、技術や経験は少なく、先の見通しもまだ上手に立てられない時期です。一方、40代、50代となると、技術や能力、経験も十分に積み、社内価値・社外価値も高い存在ではありますが、体力や新しいことへの適応能力が幾分鈍ってしまうことも仕方なく、また、社内での役職・地位ともに高く、先が十二分に見通せるからこそ腰を落ち着けたいと考える方がほとんどです。

このように考えたとき、30代という年齢は社会人として体力や挑戦意欲もあり、技術・経験も十分に積んだ年齢としてちょうどバランスの良いピークであると言えます。いうなれば山頂に立った状態といえるでしょう。そこからは今まで上ってきた山道が見え、これから下っていく道もある程度見えてきます。その場所に立ったとき、今よりもさらに高い山の山頂、あるいは、以前から進みたかった道へとつま先を変えるべきかと悩む年齢が30代なのです。