退職退職の基礎退職の流れ再就職&転職定年退職
年金

年金について

年金とは、一定期間保険料を支払って、一定年齢になった際に定期的に継続して給付金を受け取る制度のことです。尚、保険料をしはらうことを「拠出(きょしゅつ)」、受け取ることを「受給(じゅきゅう)」といいます。

年金の基礎知識

年金

日本の年金制度は3層構造になっているといわれ、20歳以上60歳未満の国民が全員加入する義務がある国民年金を1階、会社につとめているサラリーマンが加入しなければならない厚生年金、または共済年金を2階、自営業者やその他受給額を厚くしたいという人が加入する国民年金基金や厚生年金基金などの私的年金が3階となります。老齢に達すると、1階部分で基礎的な給付金が支給され、2階、3階部分で支給額が上乗せされ、老後の生活資金に備えるという仕組みをなっています。

尚、年金が支給されるのは老齢に達したときのみには限られず、その他のケースもあります。例えば、事故などの後遺症で障害者となった際に受給できる障害年金・障害者年金(障害基礎年金)、被保険者が死亡した場合に遺族が受給できる遺族年金(遺族基礎年金)などがあります。

国民年金について

国民年金

国民年金は日本の年金制度の1階部分にあたるもので、国民皆年金制度と言われ、すべての国民に加入義務があり、20歳になると同時に自動的に加入したとみなされる公的年金です。保険料は所得に限らず定額であり、保険料を納めるのが困難であるという場合には、全額、または一部の免除を申請することができます。但し、免除を受けた場合、受給金額も差し引かれ為、過去10年以内であれば遡って納付することもできます。

国民年金については保険としているものは老齢、障害、死亡であり、国民年金法という法律に定められており、同法律によって、基礎年金、障害年金、遺族年金、不可年金、寡婦年金、死亡一時金、などの制度が定められています。また、任意加入の国民年金基金についても定められています。尚、拠出するものは国民年金、受給するものは老齢基礎年金と呼ばれます。

厚生年金について

厚生年金は、日本の年金制度の2階部分にあたるもので、民間会社に勤めるサラリーマンの多くが義務として加入する保険制度です。正式な名称は厚生年金保険といいます。一方、公務員等が加入するものは共済年金(共済組合)と呼ばれるものです。保険料は被保険者の年収により、企業と労働者とで折半して納めます。

厚生年金も国民年金と同様に老齢、障害、死亡を保険としており、受給できるものに老齢厚生年金、障害厚生年金、遺族厚生年金があります。但し、国民年金の受給申請手続きと、その他に厚生年金の受給申請手続きがありますので気をつけましょう。

確定拠出年金(401k)とは?

401k

確定拠出年金(かくていきょしゅつねんきん)は、日本の年金制度の3階部分にあたる私的年金のひとつで、被保険者、あるいは企業が任意加入する年金保険です。名称の通り、拠出額、つまり納める保険料が確定しており、資金運用をして損益が反映された金額を老後の受給する仕組みとなります。これはアメリカの年金制度である「401k」という仕組みと類似している為、確定拠出年金を401kと呼ぶ場合もあります。2001年から施工された確定拠出年金法によって事項が定められています。尚、確定給付年金というものもあり、これは反対に老後に受給する金額をあらかじめ設定して、それに応じた拠出額、つまり保険料を納めるというものです。

年金手帳は大切に

国民年金、厚生年金に加入した際に交付されるのが方年金手帳であり、基礎年金番号等が記載されたものです。加入制度の変更や、年金請求などの手続きに必要なものです。1997年から発行されたものについては青色の表紙に統一されましたが、それ以前に発行されたものにはオレンジ色や黄土色のものがあります。以前は厚生年金番号と国民年金番号の2種類がありましたが、現在は国民1人にひとつが割り当てられる基礎年金番号に代わり、共済組合を含めて、加入している年金制度に変更があっても基礎年金番号は変わりません。