退職退職の基礎退職の流れ再就職&転職定年退職
退職届

退職届は退職の意思を会社に伝える書類です。最終的な退職の意思を伝えるものですので、その前にまずは口頭で、直属の上司に辞意を伝えます。その後、退職予定日などの相談を行なった後に提出するものが退職届けです。尚、退職届と退職願の違いは、退職願が退職の希望の申し出であって会社側の承認により成立するのに対し、退職届は提出時点で最終意思となり撤回できないという点があります。

退職届の書き方

退職届の書き方は各会社の就業規則により決まっている場合がありますので、上司や人事担当の方に確認することが必要です。就業規則で特に決まっていない場合は、自分で作成することになります。B5、もしくはA4のサイズの便箋に、黒もしくは濃青色の万年筆、サインペンで記載します。以下に一般的な例文を示します。

サンプル例文

退職届サンプル

見本ダウンロード

就業規則による決まりが無ければ、退職届は手書きでもワープロ作成でも構いません。また、縦書き・横書きのどちらでも構いません。手書きのほうがワープロよりもかしこまっていますし、縦書きのほうが横書きよりも畏まったものになります。不安があれば、上司か人事担当の方に確認をとりましょう。尚、ワープロ作成でも署名は手書きで行なえば多少、畏まった印象になります。また、捺印は必須ですので必ず行ないましょう。

退職届テンプレート(縦書きフォーマットA4)ダウンロード退職届テンプレート(縦書きフォーマットB5)ダウンロード

退職届テンプレート(横書きフォーマットA4)ダウンロード退職届テンプレート(横書きフォーマットB5)ダウンロード

退職の理由

退職届けの退職理由については、原則的に「一身上の都合により」の記載のみで構いません。退職届は後々の証明のための書類として用いられることがありますので、プライバシーに関わる内容の記載の必要はありませんので、細かい理由については省略しましょう。

退職届の封筒

退職届の封筒には一般に白無地のものを選びます。サイズは決まっているわけではありませんが、長形4号のものが一般的でしょう。封筒おもて面の中央に「退職届」と記載し、うら面に部署と氏名を記載して、封筒は糊で封をし、持参します。尚、封筒にいれますが、郵送ではなく持参し直接手渡すのがマナーです。渡す相手は直属の上司、もしくは人事担当の方か社長に渡すという場合もありますので、就業規則やその会社での慣習を確認しておきましょう。

退職勧奨と退職届

退職届け

原則的に、退職届を提出する場合は自己都合退職とみなされることが多いです。従って、退職勧奨などの会社都合退職では不要とされます。しかし、勧奨退職でも手続き上の理由で退職届の提出を求められる場合は考えられます。前述の通り退職届は自ら退職の意思を示す書面で、証拠にもなりますので、会社都合のつもりで自己都合に処理されてしまったなどのトラブルにならないよう注意が必要かもしれません。そのような場合は、未然に退職理由の記載方法について相談したり、あるいは既に提出済みで自己都合退職の扱いとされ、失業手当に制限が出てしまったりというときはハローワークに相談するとよいでしょう。