退職退職の基礎退職の流れ再就職&転職定年退職
退職

退職時の物品確認リスト

いざ退職となったとき、手ぶらで退社することはできません。会社へ返却しなければならないもの、会社から受け取らなければならないものがあります。再就職先への提出や、ハローワークでの手続き、その他の手続きなどで必要となる書類ですので、しっかり受け取って円満退職しましょう。また、会社からの支給品や貸与品についても、きれいに返却しましょう。

退職で返却するもの

退職で返却

退職時に返却するものは会社によって様々に変わる場合があります。健康保険被保険者証については会社に返却し、会社から支給されている、または貸与しているものについての返却もあります。

健康保険被保険者証

健康保険被保険者証の裏面にも記載されている通り、健康保険は会社で労働している人を対象とした医療保険ですので、退職とともにその資格が無くなった場合にはすみやかに返却しなければいけません。転職先が既に決まっている場合は、その事業所で健康保険に加入できます。定年退職、あるいは退職後に求職活動を行なうということであれば、健康保険の任意継続か、国民健康保険への加入がひつようです。

会社支給品・貸与品

制服、名刺、ネームカードなどの支給品は返却します。返却しなければいけない支給品や貸与品はその会社によって様々です。先に述べたネームカードや社員証、カードキーなどもありますし、ユニフォームや名刺など、または携帯電話やパソコンなどの貸与品の返却もあります。制服などは返却前にクリーニングに出しましょう。稀かとは思いますが支給品を買い取りとしている会社もありますので、その会社ごとに返却品を確認しましょう。

退職で受け取るもの

退職時

退職時に会社から受け取らなければいけないものとして、再就職先に提出が必要な源泉徴収表(げんせんちょうしゅうひょう)、年金手帳、雇用保険被保険者証と、失業保険の給付に必要な離職票があります。これらは手続き上で必要となる重要な書類ですので、必ず会社へ確認し、受け取るようにしましょう。

源泉徴収票

会社が雇用者に支払った給与・手当て・退職金などの金額と、そこから所得税などの差し引く金額、いわゆる源泉徴収額を証明するものが源泉徴収票です。 源泉徴収票は会社が作成し、税務署に提出して、労働者に手渡されるものです。年末調整の控除額の決定などに必要な書類ですので、自分で確定申告を行なう場合や、再就職先に提出が必要です。

年金手帳

公的年金に関する情報が記載された年金手帳も、再就職先へ提出する必要がありますので受け取らなければなりません。国民年金への切り替えや、厚生年金への加入などの手続きで必要となる書類ですので、手元にある場合には大切に保管しましょう。社会保険事務所で再発行をしてもらうことも可能ですが、できれば紛失しないようにしましょう。

雇用保険被保険者証

雇用保険被保険者証は、失業保険の支給や、再就職の際の手続きなどに必要な証明書です。失業給付の受給時にはハローワークへ、再就職のさいにはその会社への提出が必要となりますので、必ず受け取りましょう。尚、退職した際に雇用保険被保険者証と通知書がミシン目で繋がったものを受け取る場合がありますが、通知書は切り離して本人の保管で、必要なのは被保険者証のほうとなります。

離職票

離職票は失業保険の給付の際に必要な書類で、会社を退職したことを証明するものです。事業所は10日以内にこの離職票をハローワークへ発行申請しなければなりません。退社後すぐに受け取れる書類でないので、事前に郵送等で受け取れるよう相談しましょう。尚、再就職が決まっている場合は失業給付が不要となりますが、再就職先を1年以内に辞めた場合に必要となる可能性がありますので、受け取っておいて損はありません